日本政策金融公庫の広報誌「日本公庫つなぐ」に掲載されました

update: 2022.05.02

オンラインで企業のオフィス業務代行事業を行う、株式会社はたらクリエイト(本社:長野県上田市)が、日本政策金融公庫が発行する広報誌「日本公庫つなぐ(25号)」内で紹介されました。記事では、結婚・出産などで離職し、キャリアを中断した女性の雇用を創出し、地域の未来を切り開く新たなビジネスモデルを示す例として、弊社の成り立ちや取り組みを紹介するほか、共同代表取締役の井上拓磨のインタビューを交えた創業ストーリーなどが掲載されています。

無料で読む(p.16-18)

※日本政策金融公庫のWebが開きます

掲載の概要

《特  集》新たな発想で世の中を変える ~スタートアップ企業がもたらす活力~
《タイトル》リモートで地域超えて人と職を結び、子育て中の女性が働ける場を創出
《ポイント》
・ 従業員は約130人・子育て中の女性86%・平均年齢36歳・オフィスに託児所併設
・ パートタイマーから正社員まで、ライフステージに合わせて働き方を選択できる
・ 主に東京の企業からアウトソーシングされた業務をリモートで行う
・ クライアントは約30社・約70案件・1ヶ月で総計9400時間の稼働
・「子育て中の女性が仕事を楽しもうにも、その環境がないのはおかしい」
・ 子どもの体調不良などによる休みがあっても、カバーし合えるチーム制度
・ 社内制度は、従業員から上がった声を拾い、話し合う中から生まれる

「日本公庫つなぐ」とは

「日本公庫つなぐ」とは、一般の金融機関が行う金融を保管することを旨とし、国民生活・農林水産事業・中小企業事業の支援を行う日本政策金融公庫が発行する広報誌です。「日本公庫つなぐ」は公庫の機能・役割・取組に加え、地域や企業の取組を紹介する内容で季節ごとに年4回発行されています。

▼「日本公庫つなぐ」

株式会社はたらクリエイトについて

はたらクリエイトは、「はたらくをクリエイトすることで仕事を楽しむ人を増やす」をミッションに、業務をアウトソーシングできるサービス「banso.」を主に提供しています。コーチングも取り入れた社内の取り組みが評価され、厚労省主催グッドキャリア企業アワード2020「イノベーション賞」第8回日本HRチャレンジ大賞「人材マネジメント部門優秀賞」船井総研主催グレートカンパニーアワード2022「社会貢献賞」を受賞。 

業務を支える約130名のスタッフ(約90%が子育て中の女性)に安心して業務に取り組んでもらうため、託児所の併設やフレックスタイム制、リモートワーク等の制度を積極的に取り入れています。

株式会社はたらクリエイト(https://hatakuri.jp/)
共同代表取締役:井上拓磨、高木奈津子
従業員数:約130名(パートタイマー含む)
設立:2012年10月
事業内容:コンテンツ制作業務、オンラインによるオフィス業務代行、人材育成業

■本リリースに関するお問い合わせ先
担当:株式会社はたらクリエイト(担当:柚木)
住所:長野県上田市中央2-10-15
E-mail:pr@hatakuri.jp
TEL:080-4468-0646(10:00-17:00)