船井総研が主催する「グレートカンパニーアワード2022」で『社会貢献賞』を受賞

update: 2022.04.01

 オンラインで企業のオフィス業務代行事業を行う、株式会社はたらクリエイト(本社:長野県上田市)は、株式会社船井総合研究所(以下、船井総研)が主催する「グレートカンパニーアワード2022」にて、9,000社を超える選考対象の中から特に優れた企業として、『社会貢献賞』を受賞いたしました。「“働きたいけど働けない”人材を活かした地域社会への貢献」と「ビジネスとしての収益性」を両立させている点を評価していただきました。なお、5月17日に船井総研(東京本社)にて授賞式が行われます。

グレートカンパニーアワード2022とは

「グレートカンパニーアワード2022」は社会性・教育性・収益性・成長性・環境性を兼ね備えた企業を賞賛するとともに、企業の社会的意義を広めるため株式会社船井総合研究所が開催するアワードです。さまざまな業界で活躍する企業の中から、特に優れた企業が表彰されます。
(特設サイト:https://gca.funaisoken.co.jp/

■審査要件
・船井総合研究所『経営品質診断』の受診
・財務諸表(直近2カ年分)の提出

『社会貢献賞』受賞理由

 同社は「“働きたいけど働けない”人材を活かし地域社会に貢献する企業」として、採用の対象を「未経験者、働く時間に制限がある地域の人」を中心にしています。従業員の 95.9%が女性、84.6%が小学生以下の子どもを育てており、同社は託児所の運営ライフステージに合わせて選べる雇用形態などの「安心して働ける環境」を整備。「タスクと進捗の常時可視化」で、子どもの発熱など急なトラブルの際はチーム、組織で対応する形を整えています。

 同社は「環境や属性を理由に仕事を楽しむことを諦めなくていいように」と2015年に託児所付きオフィスを開設。補助金などを活用して従業員と業務委託契約し、近隣企業から難度の低い業務を受注していましたが、「持続可能な形にするためには収益を上げていくべき」と、2017年に一般社団法人から株式会社へ会社形態を変更しました。従業員も雇用に変え、首都圏の中堅·大手企業を対象に付加価値の高いオフィス業務を代行し、ビジネスとして価値を出す形に変えました。

 株式会社化後の年平均成長率は約16%で、顧客満足度は高く、契約更新率が約96%と、ほぼすべてのクライアントが継続利用しています。宮下一郎内閣府副大臣(当時)などこれまでに 40以上の視察を受け入れているほか、厚生労働省「グッドキャリア企業アワード 2020」イノベーション賞(厚生労働省人材開発統括官表彰)など数多くの受賞をしています。

 社会課題の解決と収益を両立させる同社に、『社会貢献賞』をお贈りします。

(船井総研プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000054075.html

はたらクリエイト従業員の属性の特徴

従業員の約130名中、9割以上が子育て中の女性です。子育てと仕事の両立をできる仕組みと環境を整えています。

はたらクリエイトの売上推移

株式会社はたらクリエイトについて

 はたらクリエイトは、「はたらくをクリエイトすることで仕事を楽しむ人を増やす」をミッションに、業務をアウトソーシングできるサービス「banso.」を主に提供しています。業務を支える約130名のスタッフ(約90%が子育て中の女性)に安心して業務に取り組んでもらうため、託児所の併設やフレックスタイム制、リモートワーク等の制度を積極的に取り入れています。このような取り組みが評価され、厚労省主催グッドキャリア企業アワード2020「イノベーション賞」第8回日本HRチャレンジ大賞「人材マネジメント部門優秀賞」などを受賞しています。

また子会社の株式会社TSクラウドでは、Google Workspaceの販売代理店業や業務のDX化を行う「mieteru.」を行っており、クライアントの業務のクラウド化・効率化するサービスも提供しています。

株式会社はたらクリエイトhttps://hatakuri.jp/)
共同代表取締役:井上拓磨、高木奈津子
従業員数:115名(パートタイマー含む)※2021年1月時点
設立:2012年10月
事業内容:コンテンツ制作業務、オンラインによるオフィス業務代行、人材育成業務

■本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社はたらクリエイト(担当:柚木)
長野県上田市中央2-10-15
E-mail:pr@hatakuri.jp / TEL:080-4468-0646(10:00-17:00)