スタッフインタビュー「相手との関わりから生まれる『化学反応』を楽しみたい」手塚睦美さん

2021.07.29

はたらクリエイト(以下「はたクリ」)では、スタッフ約130名のうち、ほとんどが結婚や出産を機に一度はそれまでのキャリアを離れた女性です。ここで働くスタッフは、どのように「はたらくをクリエイト」しているのでしょうか。今回話を聞くのは、現在マネージャーとして働く手塚睦美さん。「はたクリ」の佐久拠点立ち上げ当初にライターとして入社し、現在はコラム部門のマネジメントのほか、コーチング事業の立ち上げにも携わる手塚さんの魅力や仕事との向き合い方、今後の展望などを探っていきます。

【これまでのこと】はたクリとの出会い

入社時期や入社のきっかけを教えてください。

手塚:2019年にできた「佐久拠点」の第2期メンバーとして入社しました。はたクリを知ったのは、前職の会社で2人目の子の育休を取得しているときでした。もちろん復帰する予定で、既に保育園も決まっていたのですが、勤務先の事業所が閉じてしまって……「どうしよう」と思っていたときに出会ったのが、佐久拠点の求人です。


前職はどのようなお仕事だったのですか?

手塚:ブライダル関連の会社で、ウエディング・プランナーや新郎新婦へのドレス選びのアドバイザーなどをしていました。土日がメインとなるサービス業だった上に、夫が単身赴任をしていたため、土日勤務日の前日には、子どもを義母に預けて、勤務先まで1時間以上かけて車通勤する、という生活でした。仕事と家庭のこととの両立は大変でしたが、協力的な家族に恵まれ、充実した毎日を過ごせていたと思います。


あえて前職での経験とは別のお仕事を選んだ理由は何ですか?

手塚:それまでの働き方だと、夫含め家族との時間が確保しにくかったので、転職するなら土日休みなど、家族との時間が確保しやすい仕事がいいと思っていたのが一つですね。それと、未知の仕事への不安よりも「やってみたい!」という好奇心が勝ったのもあります。募集項目にあった「立ち上げメンバー募集」の文字を見て、立ち上げに携われる機会はこの先あるかどうかわからない、これに応募しないと後悔するかもと思ったんです。

【いま】自分の強みをいかした働き方が魅力

入社当時からのお仕事の様子を教えてください。

手塚:入社して間もなく、Webメディアに掲載するコラムのライティング業務を担当しました。これまでとは全く別の分野のお仕事でしたが、これも新たな出会いだと面白みを感じました。それから半年後くらいに、別のコラムでお仕事のご縁をいただくことに。インタビューが必要だったのですが、当時の先輩メンバーから「お客様を前にしても動じない」とコミュニケーション面に光を当ててもらい、携わるようになりました。

前職の経験や強みをいかせる場面もあったのでしょうか?

手塚:元々いろいろなお客様と関わりながらお仕事をしていたので、クライアントとのコミュニケーションや、インタビューではこれまでの経験が役立ちました。やはり、お客さまから直接話を聞けるのは面白いですし、これまで知らなかった世界の話など、学びになる面も多いのがコラム執筆やインタビューの醍醐味だと感じます。

自分の強みを知るために社内で実施した「ストレングス・ファインダー」では、「個別化」が一番の強みという結果でした。その人にしかない「ユニークな面」を知れることや、関わっていくことに喜びを感じる気質のようです。

出会いが繋がり、コーチングにも携わるように

最近は、コーチング事業の立ち上げにも携わっているそうですね。参加されたきっかけは?

手塚:これも、コラム業務でのご縁がきっかけなんです。インタビュイーの方が「人が成長するのは、答えを与えたときよりも質問を投げかけるとき」というお話をされていて、それを聞いたときに「その人の中にある答えの探求をサポートする」という、コーチングの概念に通じるものを感じたんです。自分が誰かと関わることで、その人の中で何かが変わって人生に前向きになれたり、成長が促されたりするきっかけになるのかもしれない、と思うとすごく好奇心が湧いてきて、参加を決めました。

現在、実際にコーチとしての学びを深めている段階と聞きましたが、やってみて感じることを教えてください。

手塚:コーチのメンバー同士でセッションを重ねるなかで、毎回必ず何かしらの気付きが生まれたり、気持ちがすっきりしたりということを経験しています。この先、コーチとして経験を積んでいく過程で、いろいろな壁にぶつかることも予想していますが、今は純粋に「楽しい」段階です。相手の人生に、少しの時間でも携われることで生まれる化学反応のようなものに、面白さや喜びを感じています。

【未来のこと】マネージャーやコーチとしての展望は

コーチングにも意欲的に取り組んでいる手塚さんですが、マネージャーやコーチとして、今後はどのようなことに挑戦したいですか?

手塚:現在は、主に佐久拠点でのコラムチームのマネージャーを担当しているので、メンバーの声を拾って、組織との橋渡しができる立場にいるのかなと思います。また、自分たちでモヤモヤを声に出し、みんなでモヤモヤの種から花を咲かせて環境をアップデートする取り組みの「はたクリ畑」にも携わっています。はたクリには、業務の中で生まれた疑問やモヤモヤの声に対して、「じゃあ、どうしていこう?」と自分たちでもっとよい環境を作っていける文化があるので、率先してそれを体現していきたいですね。一人ひとりが気持ちよく仕事に向き合えることが、仕事の質に直結し、クライアントの満足度向上にもつながっていくと思っています。

それと、コーチングに出会って自分にもすごくよい影響があったので、一番身近な社内のメンバーにも広げたいです。他のコーチと一緒に「社内コーチング制度」を作り、みんながもっと楽しく働ける環境作りをしていけたら、と思っています。




【編集後記】

気取らず、でも淀みなく堂々とお話されているのが魅力的な手塚さん。前職でのお仕事や出産・育児、はたクリへの転職と環境が変わるなかで、自分の置かれた状況を前向きに捉え、それを楽しみながら自分の糧にできるエネルギーに満ちた人だと感じました。

関連記事