ProFuture株式会社が、経済産業省後援による「第5回 HRテクノロジー大賞」の授賞企業を発表


 
経営者・人事担当者向けのWebメディア運営や各種イベントの企画・運営等を行うProFuture株式会社は、後援する「第5回 HRテクノロジー大賞」の授賞企業を発表しました。2020年9月2日(水)に開催された授与式は、新型コロナウイルス感染症拡大の社会情勢に鑑み、オンライン形式で開催され、その様子はYouTube Liveでのライブ配信も行われたようです。
 

「地方活性賞」を新設し、地方活性化にも貢献

「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム(HRT)、HR総研(ProFuture株式会社))は、日本のHRテクノロジーや人事ビッグデータ(アナリティクス)における優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に実施されており、今年で5回目の開催を迎えました。
 
今回より、全国の地方活性化の後押しを目的とした「地方活性賞」が新設され、地方活性化につながり得る企業および団体の人事領域の取組みや人事サービスも表彰されています。
 

授賞企業

授賞企業には、厳選な審査を経て、応募総数62事例のうち21事例が選ばれました。
 
今回、大賞を授賞したのは「日本アイ・ビー・エム株式会社」です。「IBM Watsonを駆使した学習プラットフォーム『Your Learning』による継続して学ぶ文化の醸成」が、社員の大幅な学習時間の増加とともに、エンゲージメント向上にも貢献する優れた取り組みとして、高く評価されました。
 
また、イノベーション賞には「株式会社KAKEAI」のピープルマネジメント支援『AI Cloud System』が選出。従業員視点でのテクノロジー活用という、これまでにない事業でありながら、利用することで業績の向上や離職率の低下、また管理職研修費削減などの成果を上げていることから、新たなソリューションを生むサービスとして評価されました。
 
新設された地域活性賞には株式会社groovesと株式会社SIGNATEが選ばれています。
 
そのほかの授賞企業については、下記をご参照ください。

担当者コメント
「ワクワクする、プロの未来へ」を企業ミッションに掲げるProFuture様。後援する「第5回 HRテクノロジー大賞」の授賞企業の発表と、コロナ禍の状況下でオンラインによる授与式を開催されたこと、大変うれしく思います。社会の変化に対応した各授賞企業による優れた取り組みやサービスを知ることができ、大変勉強になりました。今後もさらなる事業の発展を共に目指し、チームの一員として伴走させていただきます。(マネージャー:千野)

 

関連記事

ライタープロフィール

4007

オールラウンダーな
愛され女番長