コロナ対策中の中小企業向けに、業務効率化とテレワークを支援。株式会社Holmesが「ホームズクラウド」の特別料金プランを発表!

Holmesのロゴ
 

Holmesが提供する「ホームズクラウド」とは?

「ホームズクラウド」は、企業の契約業務の効率化と生産性向上を支援することを目的とし、クラウド上での契約プロセスの構築と契約の一元管理を実現する契約マネジメントシステムです。
 
契約というと「契約書」だけを思い浮かべるかもしれませんが、実際には契約書の作成や変更・更新、関連部門によるチェックなど、さまざまな業務が煩雑に絡みあい、時間がかかることも。契約の流れをスピーディーに、誰もが進捗状況を把握できるようにした画期的なサービスが「ホームズクラウド」です。
 
 

中小企業のテレワーク導入を後押しするための「特別料金プラン」

2020年4月8日に東京商工会議所が公表した調査によると、東京都内の会員企業でテレワークを「実施している」企業は26.0%、「実施検討中」は19.5%であることが明らかにありました。また、従業員規模の大きい企業ほどテレワークの実施率が高く、中小企業では導入が進んでいない現状にあることもわかりました。
 
Holmesはこうした状況を受け、新型コロナウイルスの影響を受けている従業員数100名以下の中小企業を対象にした、特別料金プランを策定しました。従業員数に応じて3つのプランが用意されており、どのプランも大幅な割引となっています。
Holmesの特別料金プラン

業務のクラウド化を促進するきっかけに

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、中小企業においてもテレワーク推進のための対応が急がれています。テレワークを導入するためには、業務管理やさまざまな手続き、会議などをオンライン化する必要があるでしょう。Holmesが提供する今回の特別料金プランを活用し、「契約」からクラウド化を進めてみてはいかがでしょうか。
 
 

特別料金プランの概要

期間:2020年4月~2020年5月31日(状況により変更もあり)
目的:新型コロナウイルス対策により、厳しい業務環境にある中小企業への支援
条件:2020年05月31日17時までにご契約いただけること
料金プラン:従業員数によって3つのプランを用意
※詳しくは公式HPでご確認ください